住宅ローン(金利1.2%優遇)のご案内

アイ・テック特別金利で住宅ローンもお得に!

アイ・テックでは、沖縄銀行・琉球銀行とのパートナーシップにより、通常の住宅ローンに比べて、圧倒的にお得な金利でローンを組むことが可能です。店頭基準金利より「-1.2%」も優遇されるため、長期間にわたってローンを返済予定の場合、ご返済総額に100万円単位の大きな違いがでてきます。固定金利・変動金利いずれの場合でも、返済期間中は店頭金利より1.2%優遇しますので、ぜひこの機会にご検討ください。

アイ・テックの優遇金利

※変動金利:年2.925%より1.2%金利優遇した場合
※平成26年4月1日現在 店頭基準金利参照
※上記は概算です。端数処理等は行っていません
※本試算は、提携ローンを利用した場合の差額を算出するための目安です
※将来の金利動向により、実際と異なります
※上記金額のほか、司法書士手数料、火災保険手数料、保険料などが必要になります

住宅ローンの種類

変動金利型

市場金利の変動に伴い、返済途中でも定期的に金利が変動するタイプ。原則として半年に1度、短期プライムレートの変動に応じて適用金利が変わる。また、5年毎に返済額の見直しが行われる場合がある。

メリット

  • ・借入時の金利は、一般的に固定金利型より低い。
  • ・一般的に金利低下局面では、返済額が減少する。

デメリット

  • ・借入時に将来の返済額が確定できず、不安が残る。
  • ・一般的に金利上昇した場合、返済額が増加する。
固定金利期間選択型

「当初5年間は金利○○%」といったように、返済期間中の一定期間は金利が固定されるタイプ。固定金利期間終了後は、終了時点の変動金利型、または再選択した固定金利型(期間選択型を含む)となり、終了時点の店頭基準金利が適用される。

メリット

  • ・一定期間の返済額だけ確定できる。

デメリット

  • ・固定金利期間終了後の返済額が確定せず、不安が残る。
  • ・固定金利期間終了後、金利が上昇した場合、返済額が増加する。
固定金利型

借入申込時又は契約時に全返済期間の適用金利が決まるタイプ。全返済期間の適用金利が一定のものと、返済途中で金利が変わる(例:当初10年間と11年目以降)2段階の金利のものがある。

メリット

  • ・全期間の返済額を確定できるので、長期にわたるライフプランがたてやすい。
  • ・低金利時に借りると全期間にわたって低金利のメリットを享受できる。

デメリット

  • ・高金利時に借りると、将来にわたり高金利の返済額が確定してしまう。

ページのトップへ戻る